紳士服を知れば知る程身に沁みて感じる魅力

2019年入社

営業職 スタイリスト 銀座本店加藤 彩 <明治大学 文学部>

趣味・特技

都内散歩

入社の動機を教えてください。

もともと紳士服をあつかうお仕事を探していました。
服地や服飾資材の企業にも興味がありましたが、実際にお洋服を選び、身に付けられるお客様に一番近いという点に魅力を感じ、入社を決めました。

自分のどんなところが、英國屋に向いていたと思いますか?

英國屋の仕事は、経験を積めば積むほど、より良い結果を生む“積み重ね”のお仕事だと思っています。
一つのことにコツコツ取り組んで長く続けられる性格は、英國屋のスタイリストとして働く上でのアドバンテージではないかと感じています。

職場の雰囲気はどうですか?

フルオーダーならではの幅広い選択肢の中からお客様のご希望に沿ったものを選んでいただくために、接客しているスタイリストはもちろん、まわりのスタイリストも常に周囲に気を配り、年次関係なく助け合う精神が根付いているとても気持ちのいい職場です。

先輩からの印象に残っている言葉(教え)は?

「決して嘘をつかない」先輩の一人が、別のインタビューでおっしゃっていた言葉です。
お客様に対しても、一緒に働く方に対しても、一番大事なことだと思います。
当たり前のことだからこそ、いつも意識して行動しています。

仕事のやりがいは?

お客様、一緒に働いている方々が、口には出さないけれど求めている事、困っていることを見極めて、それに臨機応変に対応した結果「実は困っていたんだよ。
ありがとう。」と言われたときは嬉しいです。

英國屋のここが好き!(職場の魅力について。)

お店に置かれている、服地の素晴らしさは、紳士服を知れば知る程身に沁みて感じる魅力です。
また、社員の皆さんは英國屋で働くことに誇りをもっている方ばかりで、働く姿勢が素晴らしく、見習うことばかりです。

英國屋のスタイリストとして、将来の目標はなんですか?

現時点では、スーツを“仕事着”として捉えている方に対しても、様々なバリエーションでのご提案を通して生活に彩りを与えられるようなスタイリストになりたいです。