人と人とのつながり

2018年入社

営業職 スタイリスト 銀座本店濱川 千紘 <早稲田大学 基幹理工学部>

趣味・特技

音楽鑑賞

入社の動機を教えてください。

紳士服に興味があり、スーツにかかわる仕事をしたいと思っていました。
英國屋は取扱う服地や、縫製の技術がトップクラスであることに加え、日本を代表するエグゼクティブの方が顧客に多くいらっしゃることが入社の決め手となりました。

自分のどんなところが、英國屋に向いていたと思いますか?

人と話すことが好きなところです。
お客様がせっかくお店に来てくださるのですから、モノをただ買うだけでなく、楽しく買い物をしてお店を後にしてほしいという気持ちがあります。
そのためには服飾にかかわる話だけでなく、もっと幅広いお話をしていきたいです。

職場の雰囲気はどうですか?

集中するところは集中して、リラックスするところはリラックス出来る、メリハリのある職場です。

先輩からの印象に残っている言葉(教え)は?

「自分がされて嬉しいと思うことを、お客様にもしましょう。」それが、接客の基本です。

仕事で心掛けていることは?

お客様にリラックスしてお買い物していただけるような接客と、雰囲気づくりを心がけています。
また接客している他のスタイリストの周りで、すぐにフォローに入れるように意識しています。

嬉しかった接客エピソード

何度かご注文いただいたお客様に、「あとの細かい部分は濵川さんに任せるよ」と言っていただけたことです。
お客様に信頼していただけたと感じ、嬉しかったです。

英國屋のここが好き!(職場の魅力について。)

人間味にあふれているところです。
お客様に気さくに名前で呼んでいただくことも多いですし、お買い物目的ではなくお店にぷらっと立ち寄ってくださる方もいらっしゃいます。
人と人とのつながりが希薄になりつつある中で、そのことは英國屋の社員として誇れる部分であり、自分も含めた次の世代にも伝えていきたいことの一つです。

入社してからの自分自身の変化や、成長について教えて下さい。

最初は自分のことだけでいっぱいいっぱいでしたが、少しずつ周りのことが見えるようになってきました。
ほかの社員に助けてもらう機会が多いので、自分も同じように周りを助けられるようになりたいと思っています。